ファスティング準備期間

 

 

酵素ファスティングを始めるときの最初の疑問点は、

  • 準備期間って必要なの?
  • 準備食って何を食べたらいいの?

ではないですか?

 

私も、初めて断食を行うときには、準備なしでいいのでは?と思ってしましました。でも、これは間違いです。きっちり調べました。

 

理由は、

 

  • 準備期間で、代謝を挙げてファスティング期間につらくないようにするため
  • リバンドしにくい状態を作るため

 

です。はい!もっともな理由でした。しっかりと準備してファスティングに望むようにする必要がありました。

 

というわけで、ここでは、ファスティングの準備期間と準備食についてまとめますね。

 

ファスティングの準備期間!

 

ファスティングの準備期間は、ファスティング三日前から1週間くらい見ておくことが必要です。

 

ちょっと長い気がしますが、ファスティング期間は全く食べないので、それくらいの準備期間がないとつらくて挫折してしまう可能性が高くなります。

 

また、いきなり食べなくなると、体内代謝がその状態についていけず、筋肉が分解してエネルギーを得ることで体が細くなったり、脂肪がつきやすい体質になってしまい、リバンドしやすい体質になってしまいます。

 

三日から1週間かけて準備しておくと、エネルギーの摂取量のギャップが少なくすることができ、より容易にファスティングの時に、体が対応することができます。

 

ファスティングするときは準備期間から成功のために過程が始まっているのです。

 

ファスティングの準備食!

 

酵素ファスティングの準備食は、食事の量を減らし、ビタミンやミネラルの多い食事をとることです。

 

そして、脂肪や高たんぱくの食事を止めて、体の代謝が上がりやすい食事だけにすることです。

 

準備期間に食べていいもの・メニュー

 

ファスティング準備期間に食べていいものは、豆類、野菜や果物、海藻、魚などカロリーが低いものを食べるようにします。

 

外食する際は、うどんや蕎麦など、日本食を食べるようにします。

 

また、食べる量も徐々に減らすようにして、前日には、普段の半分程度のカロリーになるように調整します。

 

おなかの調子を整える乳酸菌が入ったヨーグルトなどはおすすめです。

 

食事の量を少しずつ減らしていく過程で、頭痛やお腹が減りすぎて我慢できなくなるようなら、ファスティングを中断するようにします。

 

健康な時に再度挑戦しましょう。

 

準備期間に食べていけないもの・メニュー

 

準備期間に食べてはいけないものは、添加物が入ったコンビニ弁当などや油の多く入ったメニュー、また、肉や乳製品(ヨーグルトを除く)、小麦製品、糖分の多いもの、アルコールは摂取しないようにします。また、タバコは吸ってはいけません。

 

まとめ

 

ファスティングを成功させるためには、十分な準備期間が必要です。準備期間なしで臨むと、いきなりの断食で辛すぎて挫折することが多いんですよ。

 

また、準備期間にも食べるものに注意して、消化や吸収がよくなる食事を心がけて、体内の代謝を挙げておくことを心がけます。

 

そして、体調が悪い時には、ファスティングを中断することがとても大切なことです。

 

酵素ファスティングダイエットの成功のための7つの秘訣!